高金利通貨の今後の見通し-ブラジルレアルなど-

高金利通貨で副業FXブログ-今後の見通し

高金利通貨の今後の見通し、相場予想

高金利通貨の今後の見通し

高金利通貨としては、南アフリカランドやトルコリラなどが挙げられます。

最近ではメキシコペソやブラジルレアルもFX会社が取り扱うようになってきたので、そう呼ばれるようになりました、

しかしオーストラリアドルやニュージーランドドルなどは、一昔までは高金利通貨として数えられていましたが、現在では金利は下がってきているため、あまり高金利通貨と言われることは少なくなってきました。

高金利通貨というのは、基本的には将来には価値が下がると見込まれているために高金利となっています。

FXをやる場合には、その点を十分に理解して取引をするべきでしょう。

スワップポイントは必ず入ってくる利益となりますが、それ以上に価値が落ちてしまったら損失のほうが大きくなります。

将来的には価値が下がる可能性のほうが高いということなので、トレードのタイミングには十分に注意をしておくべきでしょう。

トルコリラの今後の見通し

トルコリラは、リーマンショック前には90円を超えていた時期もありましたが、リーマンショック後に大暴落を起こして、現在は30円前後まで落ちています。

全体的には下降トレンドと言えるでしょう。

金利は高いものの、価格の下落がそれを上回っているのでトータルではマイナスとなる可能性も高いです。

2016年に起きたクーデター未遂事件によって大きな価格下落がありました。

しかしトルコリラ安が続きすぎているという意見もあり、今後は上昇していく可能性もまた高いです。

ブラジルレアルの今後の見通し

ブラジルレアルの今後の見通しは、中国経済が大きく関わってきます。

ブラジルにとって中国は最大の貿易相手国となっているので、中国経済にマイナス要素があると、ブラジルレアルも下落する可能性が高いです。

ブラジルレアルの最近2年間のチャートを見ていると、2015年7月から下落していますが、2016年2月くらいからは上昇し、2016年10月に上昇トレンドに入りました。

中国の不調、ブラジル国内の景気悪化、大統領の汚職問題などがブラジルレアルの下落に関わっているようです。

南アフリカランドの今後の見通し

南アフリカランドについても、アメリカや中国の経済が大きく影響してきます。

また、原油価格の水準についてもチャートの変動に関わってきているようです。

金、ダイヤモンド、プラチナといった鉱山資源が豊富であり、金の埋蔵量は世界一です。

こういった資源の価格変動にも影響を受けています。

高金利通貨は価値が下がることが予想される通貨ですので、反対トレードを行うという手もありますが、その場合にはスワップポイントが逆にマイナスとなってしまいます。

スプレッドも広いので、基本的には価値が上がることを予想して購入をするものです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする