トルコリラの魅力

高金利通貨で副業FXブログ-トルコリラ

スワップポイントも高く最近人気のトルコリラ

トルコの産業

トルコにおいて農業は現在においても国内総生産(GDP)のおよそ15%、働く人の割合で言えばおよそ40%を占める主要産業となっています。

また、トルコは古くから観光地として有名で、観光業に携わる人は多く、トルコの一大産業となっています。

夏季ともなると地中海沿岸に、ヨーロッパ各地から観光客が訪問してきます。

しかし農業、観光業とも季節・気候によって収入の差が激しいのが現状です。

つまり経済近代化が遅れていると言えます。

そのため最近ではトルコ政府主導で工業化を進めており、多くの外資企業を誘致して工場を設立し、国内の豊富な労働力を効率的に活かしながら経済の活性化に努めており、国内の経済状態も整えられつつある、として注目されています。

FXとしてのトルコリラ

トルコは過去に数度の金融危機に見舞われており、そのために政府が強権を発動したり、経済対策を行いその危機を修正してきた経緯があります。

しかし現代においては、これまでの経験から安定した金融政策を政府主導で行っており、かつ海外の企業を積極的に誘致する政策に切り替えた事から、トルコリラの国外に対する価値が安定してきており、 FX等における投資の対象としても非常にその信頼感が高まっているのが実態です。

また外国からお金を呼び込むために、意図的に金利を高くして、トルコ国内への融資を積極的に計っています。

そのため、FXをはじめとする投資家からは魅力艇な通貨として見られています。

トルコリラは長期保有のスワップ狙い

しかし、トルコリラが国際通貨として取引されるようになってからはまだ日が浅いため、短期的な取引で高い利益を上げるには、まだリスクが高すぎると敬遠される向きもあります。

徐々に取り扱いを行う国内外のFX会社も増えており、その取引高も徐々に大きくなっていますが、他の通貨のような安定性を見込むにはまだ様々な問題があるため、そのスワップポイントを見極めながら長期的に投資を続けるのが良いと言われています。

最近では世界的な金融緩和政策により、トルコリラの価値はさらに高まっています。

世界的な金融緩和と新興国に対する国際的な支援政策を背景にして、今後とも緩やかに成長を続ける可能性の高い通貨として世界的に注目されています。

これらの背景により、トルコリラの価値は非常に高まっており、トルコリラ高による世界経済の影響も懸念されることになっています。

しかしこれはまだ世界経済に登場して日の浅い通貨であることから起こりえる現象と考えられている面も多いため、現状では非常に優良な銘柄として認知されており、しばらくは安定した状態が続くと予測されているため、非常に魅力的な通貨として注目されています。

トルコリラの魅力まとめ

工業化が進んできた

外国資本の呼び込みで経済も徐々に安定

日本円との金利差が大きい

トルコリラも徐々に安定

というメリットがあり、なるほどトルコリラが人気なのが伺える通貨と言えるでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする